クレジット決済とは

クレジットとは信用商売を意味しており、クレジットカードを用いて現金を使わすに商品やサービスを購入することをクレジット決済と呼び、他と区別します。クレジットカードを使ったショッピングをする場合には、クレジット決済時にクレジットカードを渡す必要があります。クレジットカード会社と契約を交わしているお店でのみ、クレジットカードを使った買い物をすることができます。基本的に、店はクレジットカード会社に対して月額固定料金として月3,000円と、クレジットカード利用料金の3.6%前後を支払っています。たまたまお金を持っていなかったり、普段持ち歩かないような高価な買い物をしたい時でも、クレジットカードで買い物ができればすぐに決済が可能ですから、客からすればありがたいものです。店側としては売るときのチャンスロスがなくなるので、使用者と店にとってとても便利です。クレジットでの決済手続きは非常に簡単なものです。支払いをする時に、客はクレジットカードを渡します。クレジットカードで決済された内容を店舗側は加盟店管理会社に送りつつ、客にはサービスや購入した品物を客に渡せば店頭での手続きは終了です。請求内容を受け取った加盟店管理会社は、商品やサービスによって発生した金額から手数料等を引いた額を加盟店に支払います。クレジットカードを使った支払いの内容は、加盟店管理会社から情報センターを経由してカード会社に行きます。月々の請求金額はひとまとめになり、手数料やその他のサービスや特典をつけた上で顧客の1人1人に支払い請求が送られ、口座引き落としなどで支払いがなされます。クレジットカードの利用者が請求金額の支払いを行うと、クレジットカード会社はその金額を加盟店管理会社に支払います。これで口臭と決別できました

コンビニとクレジットカード

クレジットカードの支払いやコンビニ払いができるようになったことで、以前は一手間かかった公共料金や交通運賃の払い込みもかなり楽になってきました。以前主流だった銀行払いでは、窓口時間のうちに行くのが働いている人には大変だったり、近所に銀行がないということもあったようです。コンビニ払いのいいところは様々な場所にあることや、自分の都合のいい時間に行けるところです。クレジットカードの自動引き落とし機能を使うなど、クレジットカードの活用も便利なものです。購入した商品の代金や、利用したサービスの料金を支払う際、コンビニとクレジットカードのどちらが、機能的でありお得なのでしょうか。コンビニの強みは、24時間支払いが可能という事でしょう。クレジットカードは請求が日をおいてくるという利点があります。月末にならなければ収入がないという場合でも、欲しいタイミングで商品が購入できます。ポイントサービスがついており、クレジット決済をする度にポイントが入るという楽しみもあります。ポイントをコツコツ貯めて、マイルやギフト券と交換できるのも嬉しいところです。特に公共料金は毎月の事なので、支払いにクレジットカードを使えば、ポイントもたまりやすくなっています。クレジットカードをコンビニ発行のものにすることで、両者のお得な部分を利用したいという人も少なくないようです。コンビニを良く利用される方はクレジットカードについて一度詳しく調べてみることをおすすめします。すべての女の子のためのダイエットの方法